資産運用をしないほうがいい人の特徴とは?避けるべき理由を徹底解説

資産運用は全ての人に適しているわけではありません。この記事では、資産運用をしないほうがいい人の特徴や避けるべき理由を分かりやすく解説し、リスクの少ない資産運用や少額から始められる方法も紹介します。自分に適した資産運用を見極めるための知見が得られるはずです。

資産運用をしないほうがいい人の特徴

資産運用をするかどうかは、その人のライフスタイルや金銭感覚、将来に対する考え方に大きく依存します。しかし、一部の人には資産運用をしない方が良い場合があります。ここでは、資産運用を避けるべき人の特徴をいくつか紹介します。

将来の計画が不確かな人

自分の人生の方向性や、将来に対する計画が明確でない人は、資産運用をするべきではありません。投資は計画的に行うことが非常に重要であり、自分が何を目的として資金を運用するのか、どのようなリスクを取りたいのかといった点を明確にしておく必要があります。

リスクを受け入れられない人

資産運用、特に株式投資や仮想通貨などの変動が大きい分野においてはリスクが伴います。そのリスクを受け入れられず、資金の変動に不安を感じるような人は、資産運用から手を引くべきかもしれません。安定した収入を求める場合、定期預金のような安全な運用方法を選択したほうが良いでしょう。

短期間での大きなリターンを期待する人

短期間で大きなリターンを期待して資産運用を始める人は、高い確率で失敗に終わります。資産運用は基本的に中長期のスパンで考えるべきであり、短期的な利益を追求する姿勢はリスクを高めるだけでなく、失敗時のダメージも大きくなります。

金銭管理が苦手な人

自分の資金の管理が苦手、あるいは日々の支出を把握できていない人は、資産運用をする前にまずは基本的な金銭管理のスキルを身に着けることが重要です。資産運用は計画的に行うものであり、自身の経済状況を正確に把握していなければ適切な判断は難しいでしょう。

資産運用のデメリット

多くの人が資産運用に興味を持ち、活用する一方で、特定の条件下や人にとっては、資産運用は必ずしも最適な選択肢とは限りません。ここでは、資産運用が適さない可能性のあるシナリオとそのデメリットについて詳しく説明します。

リスクと損失の可能性

資産運用には常にリスクが伴います。特に株式や仮想通貨のように市場が変動するものに投資した場合、価格の急落による損失のリスクを避けられません。リスクを恐れるあまり、資産運用から手を引く人も少なくありませんが、その結果としてインフレ等の影響で実質的な資産価値が減少するリスクも存在します。

必要知識の不足

効果的な資産運用を行うためには、市場の仕組みや投資商品の特性に関する十分な知識が必要です。しかし、投資に関する知識が不足している場合、不利な選択をしてしまう可能性があります。ほとんどの投資初心者は、最初のうちは損失を経験することも珍しくありません。

流動性の問題

不動産投資のように、売却までに時間がかかる資産クラスに投資した場合、急な資金需要に対応しにくくなります。このような資産運用では、必要な時にすぐに資金を手放せないというリスクがあります。流動性の低い資産へ投資することで、この問題は特に顕著に現れます。

手数料や税金

多くの資産運用には手数料や税金が伴います。特に、積極的な取引を伴う運用方法では、高い手数料が発生しやすく、これらは運用成績に直接影響します。また、売却時には所得税が発生するため、税金の計算も運用において重要な要素となります。

投資タイプデメリット
株式投資市場の変動によるリスクが高い。知識がないと損失を被る可能性がある。
仮想通貨投資価格の急激な変動、リスクが非常に高い。規制の不確実性。
不動産投資高い初期投資が必要、流動性が低い、管理の手間がかかる。
債券投資利息率が低い場合が多い。デフォルトリスクがある。

これらのデメリットを考慮することで、自分にとって資産運用が適切かどうか判断する材料を得られます。適切なリスク管理と準備を行うことが、資産運用の成功につながります。

リスクの少ない資産運用の方法

資産運用においてリスクを最小化することは、多くの投資家が望む最重要事項の一つです。リスクが少ないとされる運用方法には、定期預金、国債、インデックスファンドなどがありますが、それぞれの特徴を理解し、自分の資産運用スタイルに最適な方法を選択することが重要です。

定期預金

銀行にお金を一定期間預け入れることで、約束された金利で利息を得られる方法です。リスクを抑えたい人や、確実な収益を望む人に適しています。金利は比較的低めですが、預金保険制度の対象となるため、元本が保証される点が最大のメリットです。

国債

国が発行する債券に投資する方法で、日本であれば日本国債が該当します。信用力が高いため、デフォルト(債務不履行)のリスクが極めて低く、安定した収益が見込めます。しかし、利回りは定期預金と同様に低めです。

インデックスファンド

株式や債券などの市場全体に連動するよう設計されているファンドで、リスクの分散が可能です。個別株式の投資に比べて安定した収益が期待でき、運用コストも比較的低いため、初心者にもお勧めの運用方法です。

分散投資

複数の資産クラス(株式、債券、不動産など)に分散して投資することで、特定の市場の下落が全体のパフォーマンスに与える影響を抑える方法です。リスクを抑えつつ、安定した収益を目指すことが可能です。分散投資の一つの方法として、ロボアドバイザーを利用し、自分のリスク許容度に合わせたポートフォリオを簡単に構築できます。

運用方法特徴対象者
定期預金元本が保証され、低リスクで安定した収益が期待できる。リスクを避けたい人、確実な収益を求める人。
国債国が発行している債券であるため安全性が高く、比較的安定した収益が見込める。低リスクで投資を始めたい人。
インデックスファンド市場全体に投資することでリスク分散が可能。初心者や低コストでの運用を希望する人。
分散投資複数の資産に分散投資することでリスクを抑制。リスクを抑えつつ安定収益を求める人。

少額から始められる資産運用の方法

資産運用を始めたいけれども、「大金がないと始められない」と躊躇している人も多いかもしれません。しかし、現代では少額から始めることができる資産運用の方法もたくさんあります。以下では、少額からでも始められる資産運用についてのいくつかの選択肢を紹介します。

新NISA

新NISAは、2024年から導入された新しい投資制度です。それまでの積立NISAと比べ、非課税保有期間が5年から無期限となり、より長期的な投資が可能になりました。
また、口座開設期間は恒久的になり、つみたて投資枠と成長投資枠を併用することができます。さらに、年間投資枠が拡大し、つみたて投資枠は年間120万円、成長投資枠は年間240万円、合計最大年間360万円まで投資が可能になりました。

ただし、非課税保有限度額は全体で1,800万円(そのうち成長投資枠は1,200万円)と定められています。これらの特徴により、新NISAは家計の安定的な資産形成を推進することを目的とした制度となっています。

ロボアドバイザー

ロボアドバイザーは、AIを活用してユーザーの資産運用をサポートするサービスです。初めての投資でも安心して始められるような仕組みが整えられており、少額から自動で資産運用が行えます。少額投資が可能なため、資産運用の入門としても最適です。

投資信託

投資信託は、複数の投資家から資金を集めて、その資金で株や債券などに投資する仕組みです。少額から投資が可能であり、分散投資が行えるためリスクを抑えながら資産運用を始めることができます。自分で直接株を選ぶ必要がないため、投資初心者にも向いています。

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは、インターネットを利用して多数の投資家から資金を集め、その資金を企業や個人に貸し出す仕組みです。比較的少額の投資で始めることができ、定期預金よりも高い利回りを望むことができる可能性があります。ただし、リスクが伴うため、投資先の選定には注意が必要です。

クラウドファンディング

クラウドファンディングは、特定のプロジェクトやビジネスに対して、インターネットを通じて資金を提供する仕組みです。リターンとして金銭的な利益を期待する投資型と、商品やサービスが提供されるリワード型があります。少額から参加可能であり、自分が支援したいと思えるプロジェクトに投資することができます。

資産運用方法特徴対象となる人
積立NISA非課税で小額投資が可能長期間にわたり資産を増やしたい人
ロボアドバイザーAIが資産運用をサポート投資初心者
投資信託分散投資でリスクを抑える少額から始めたい、リスクを抑えたい人
ソーシャルレンディング比較的高い利回りを期待新しい投資方法に興味がある人
クラウドファンディングプロジェクトへの支援と投資特定のプロジェクトやアイデアを支援したい人

 

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。