イークラウドの基本情報とメリット・デメリットを解説

企業が個人から事業資金を集める方法といえば「株式発行」「債券発行」という方法が有名です。しかし、最近では「株式投資型クラウドファンディング」という方式も広がりつつあります。今回は株式投資型クラウドファンディングサービスを運営するイークラウドに焦点を当て、事業の内容や利用のメリット・デメリットをご紹介します。新しい投資の仕方を探している方はぜひご覧ください。

イークラウドとは

イークラウドについてご紹介する前に、まずは株式投資型クラウドファンディングについて確認しましょう。

企業の資金調達方法として、よく挙げられるのは「金融機関からの借り入れ」「株式や債券の発行」です。ただし、特にこれから事業を広げたいスタートアップ企業においては、企業の信用を得ること、準備の時間や費用がかかるといったことも考えなくてはなりません。

そこで、2015年の5月の金融商品取引法などの改正で、一般投資家から資金を募り、業績が上がったところで投資家に還元する、「株式投資型クラウドファンディング」という制度が認められました。

ちなみに、株式投資型クラウドファンディングで同一の企業が資金調達するのに可能な金額は、1年間に1億円未満と定められています。

イークラウドの基本情報

株式投資型クラウドファンディングサービスを展開するイークラウドについて基本情報を押さえておきましょう。

運営会社イークラウド株式会社
設立2018年7月
サービス開始時期2020年7月
資本金1億円
最低投資金額10万円前後
累計調達金額約3.4億円 ※2022年1月時点
1案件あたりの平均調達額約3,400万円 ※2022年1月時点
累計達成件数未公開
URLhttps://corp.ecrowd.co.jp/

イークラウドの特徴

イークラウド株式会社は、株式会社大和証券グループ本社の関連会社であり、ベンチャー企業やスタートアップ企業向けの資金調達をサポートする企業です。1億円未満の資金調達を専門に行っています。また、ホームページ上で投資家の募集を行い、一般投資家と企業の橋渡しを行う役割も果たしています。

イークラウドの平均募集額

イークラウドでの1案件当たりの平均調達額は約3,400万円です(2022年1月時点)。

イークラウドの平均達成率

イークラウドが資金調達を手伝った株式投資型クラウドファンディングの目標金額達成件数は未公開ですが、達成率は100%です(2022年1月現在)。

イークラウドで投資するメリット

イークラウドで投資するメリットは以下の4つです。

  • 大和証券と提携
  • プロの目で選んだ投資先
  • 大きな利益を得られる可能性がある
  • エンジェル税制適用の場合も

大和証券と提携

前述のとおり、イークラウドは、株式会社大和証券グループ本社の関連会社です。信用ある企業と連携している事業なので、資金調達をしたい企業も投資家も安心して利用できます。

プロの目で選んだ投資先

イークラウドで募集される案件は、全て金融やベンチャーキャピタルのプロが選んだものです。将来性が見込まれない企業の案件については、基本入れないよう意識しています。

大きな利益を得られる可能性がある

株式投資型クラウドファンディングで資金調達を希望する企業は、スタートアップ企業やベンチャー企業などです。今は規模が小さいですが、事業展開次第では大きく成長することも期待できます。投資家側は大きな利益を得られる可能性があるのも魅力的です。

エンジェル税制適用の場合も

エンジェル税制とは、一定の要件を満たしたベンチャー企業に投資した個人投資家が受けられる税の優遇です。以下が具体的な内容となっています。

【株式取得時点】

優遇措置A優遇措置B
対象企業設立5年未満の企業設立10年未満の企業
控除対象投資した年の総所得金額投資した年の株式譲渡益
控除金額投資金額-2,000円投資金額全額

【株式売却時点】

株の売却などで損失が生じた場合、その年の他の譲渡損益と通算することが可能です。さらに、通算しても残った損失は3年間繰り越すことができます。

イークラウドが取り扱う案件の中には、エンジェル税制の対象に該当しているものもあります。お得に投資したい方は要注目です。

イークラウドで投資するデメリットや注意点

イークラウドの投資には以下のようなデメリットもあります。

  • 投資案件が少ない
  • リスクが高い
  • 初期費用が比較的高額

投資案件が少ない

投資案件が少なく、思いついたタイミングで投資できない点はイークラウドのデメリットといえるでしょう。ちなみに、2023年9月22日現在、募集中案件は0件です。投資を検討する場合は、こまめにホームページをチェックし、募集を見逃さないようにする必要があります。

リスクが高い

上場株式への投資の場合、企業情報や株価の動向など多くの情報を取得できます。しかし、イークラウドで扱うスタートアップ企業の場合、情報公開がまだ十分でないというケースも多々あります。企業や事業について詳しく調べられずに投資をするため、リスクが高くなる点には要注意です。

初期費用が比較的高額

イークラウドの募集する投資案件は1口10万円前後です。初期費用が比較的高額になるため、多少減っても問題ない資金で投資することを心がけましょう。

イークラウドでできる新しい投資

イークラウドは株式投資型クラウドファンディングという新しいサービスを展開する会社です。金融機関からの借り入れなど、従来の資金調達方法に頼りにくいスタートアップ企業の利用が今後ますます増えてくることも予想されます。投資家側から見ても、将来性のある企業を知るきっかけにもなるでしょう。

ただし、投資の初期費用が10万円前後かかります。また、スタートアップ企業の場合、上場企業と比較すると情報が非常に少なく、経営状態が見えにくいといった注意点もあります。これらの点にも留意して投資を始めてください。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。