手取り20万で一人暮らしは可能?きつい?生活費の内訳は?

手取り20万円で一人暮らしをするには、節約と工夫が必要になります。手取り20万円は、年収で約300万円に相当します。実際の生活では様々な出費があるため、シビアな家計管理が求められます。この記事では、手取り20万円の年収と額面、家賃相場、家計管理と節約術、そして貯金の可能性について詳しく解説しています。

手取り20万で一人暮らしは可能?

手取り20万円で一人暮らしをするのは、かなりタイトな予算となります。しかし、しっかりと計画を立て、節約を心掛ければ可能です。まずは、手取り20万円の月収と手取り額の例を見てみましょう。

【月収と手取り額の例】

  • 月収25万円の場合、手取り額は約20万円
  • 月収23万円の場合、手取り額は約18.5万円
  • 月収21万円の場合、手取り額は約17万円

これらの例から分かるように、月収と手取り額には差があります。この差は、税金や社会保険料などの控除によるものです。月収が下がるにつれて、手取り額も減少していることが分かります。手取り20万円の場合、年収は約300万円になりますが、実際に手元に残るのは年間240万円程度です。

項目月収25万円月収23万円月収21万円
所得税(源泉徴収税額)4,740円4,160円3,600円
住民税9,700円8,600円7,500円
厚生年金保険22,875円21,045円19,215円
健康保険料12,475円11,477円10,479円
月の手取り額200,210円184,718円169,206円

※各保険料・税額は、標準的な計算に基づいた概算です。実際の金額は個人の状況により異なります。

※住民税は、前年の所得に基づいて計算されるため、あくまでも目安の金額です。

手取り20万円で一人暮らしをする場合、家賃、食費、光熱費、通信費交通費、日用品費、娯楽費などの生活費を賄う必要があります。これらの費用を手取り20万円の範囲内に収めるには、かなりの節約が必要です。

手取り20万の年収と額面

手取り20万円の場合、年収はどのくらいになるのでしょうか。
年収とは、1年間に得ることが見込まれる収入のことを指します。これには基本給だけでなく、ボーナスや賞与、手当なども含まれます。一方、額面(月収)とは、税金や社会保険料などの控除前の、毎月の給与の総額を指します。

一般的には手取り20万円の場合、年収約300万円程度と考えられます。

また、額面(月収)については、社会保険料や税金を考慮すると毎月約25万円程度となります。

項目月収25万円月収23万円月収21万円
年収300万円276万円252万円
税金・社会保険料計(年額)597,480円543,384円489,528円
手取り額(年額)2,402,520円2,216,616円2,030,472円
税金・社会保険料計(月額)49,790円45,282円40,794円
手取り額(月額)200,210円184,718円169,206円

※各保険料・税額は、標準的な計算に基づいた概算です。実際の金額は個人の状況により異なります。

※住民税は、前年の所得に基づいて計算されるため、あくまでも目安の金額です。

手取り20万の一人暮らしの家賃相場

手取り20万円で一人暮らしをする場合、どのくらいの家賃が適切でしょうか。通常、収入の約3分の1を家賃に充てるというのが一般的な目安とされています。

したがって、手取り20万円の場合、家賃は約6万円~7万円程度が適切と言えるでしょう。

ただし、この金額は地域によって大きく異なります。特に、東京都心部や主要都市の中心部では、家賃相場が高くなる傾向があります。

以下は、主要都市における、ワンルーム〜1DKの家賃相場を表にまとめたものです。

都市名ワンルーム1DK
東京都心部8万円〜12万円10万円〜15万円
横浜市5万円〜8万円7万円〜10万円
名古屋市4万円〜7万円6万円〜9万円
大阪市5万円〜8万円7万円〜10万円
福岡市4万円〜7万円6万円〜9万円
仙台市4万円〜6万円6万円〜8万円
札幌市4万円〜6万円6万円〜8万円

この表を見ると、東京都心部の家賃相場が特に高いことが分かります。手取り20万円の場合、東京都心部でワンルームに住むのは難しいでしょう。1Kや1DKでも、家賃が手取り収入の30%を超える可能性が高いです。

一方、東京都心部以外の主要都市では、手取り20万円でワンルーム〜1DKに住むことが可能です。ただし、駅から遠い物件や、築年数が古い物件を選ぶ必要があるかもしれません。

また、地方都市や郊外であれば、手取り20万円で比較的広い物件に住めるケースもあります。例えば、仙台市や札幌市では、1DKで6万円〜8万円程度の物件が見つかる可能性があります。

都心から離れた地域で物件を探す場合は、通勤時間や交通費とのバランスを考える必要があります。収入を増やすことができれば、選択肢が広がるでしょう。

手取り20万の一人暮らしの生活費内訳

手取り20万円で一人暮らしをする場合、生活費の内訳を把握し、計画的に支出を管理することが重要です。以下は、手取り20万円の一人暮らしの生活費の目安です。

以下は、手取り20万円の一人暮らしの生活費の目安です。

項目金額割合
家賃6万円30%
食費4万円20%
水道光熱費1.5万円7.5%
通信費1万円5%
交通費1.5万円7.50%
日用品費1万円5%
娯楽費1万円5%
衣服費1万円5%
美容・健康費1万円5%
貯蓄2万円10%
合計20万円100%

※この内訳は、あくまでも目安です。個人の生活スタイルや居住地域によって、内訳は異なります。

この内訳を見ると、家賃が最も大きな割合を占めていることが分かります。手取り20万円の場合、家賃は6万円程度(30%)が目安です。ただし、都心部では家賃がこの金額を超える場合もあります。

食費は、1ヶ月に4万円(20%)程度を割り当てています。自炊を中心にすることで、この金額で賄うことは可能です。ただし、外食や調理済み食品を頻繁に利用すると、食費が膨らむ可能性があります。

水道光熱費は、1.5万円(7.5%)程度を想定しています。ガス、水道、電気代を合わせた金額です。エアコンの使用頻度や在宅時間によって、この金額は変動します。

通信費は、1万円(5%)程度を割り当てています。スマートフォンの料金やインターネット回線の料金が含まれます。格安SIMを利用することで、通信費を抑えることができます。

交通費は、1.5万円(7.5%)程度を想定しています。通勤・通学に必要な交通費が中心です。自転車や徒歩での通勤・通学であれば、この金額を抑えられる可能性があります。

日用品費、娯楽費、衣服費、美容・健康費には、それぞれ1万円(5%)程度を割り当てています。これらの費目は、個人の嗜好や生活スタイルによって大きく異なります。

貯蓄については、2万円(10%)を目安にしています。手取り20万円の場合、毎月2万円を貯蓄に回すことを目標にすると良いでしょう。ただし、予期せぬ出費に備えて、貯蓄の一部は緊急資金として確保しておくことをおすすめします。

手取り20万で一人暮らしするのにおすすめの節約術

手取り20万円で一人暮らしをする場合、節約は欠かせません。ここでは、手取り20万円で一人暮らしをする人におすすめの節約術を紹介します。

自炊を心掛ける

外食やコンビニ食は便利ですが、コストが高くなりがちです。自炊を心掛けることで、食費を大幅に節約することが可能です。また、健康的な食生活を送ることもできます。

光熱費を抑える

エアコンの使用を控えめにしたり、電気代の安い時間帯に洗濯をしたりするなど、工夫次第で光熱費を抑えることができます。

家賃を抑える

家賃は一人暮らしの最大の出費です。築年数が経過した物件を選んだり、駅から少し離れた場所を選んだりすることで、家賃を抑えることが可能です。

無駄遣いをしない

小さな出費も積もれば大きな金額になります。無駄遣いを抑え、必要なものだけを購入するように心掛けましょう。

定期的に財布の中身を見直す

定期的に自分の支出を見直すことで、無駄な出費を見つけ出すことができます。また、自分の生活スタイルに合わなくなったサービスへの支払いを見つけ出し、解約することも重要です。

家計簿をつける

日々の支出を把握するためには、家計簿をつけることが非常に有効です。家計簿をつけることで、自分のお金の流れを視覚的に把握することができ、無駄遣いを見つけ出すことが可能になります。ただし、家計簿をつけるのは面倒だと感じる人も多いでしょう。

スマートフォンアプリの「マネーフォワード」を利用すると、銀行口座やクレジットカード、電子マネーなどと連携して、自動で家計簿をつけてくれます。また、グラフやチャートで視覚的に支出を確認することができ、節約の参考になります。

手取り20万でいくら貯金できる?

生活費の内訳を基にすると、手取り20万円から生活費を差し引いた2万円が、貯金に回せる金額になります。
月々2万円の貯金を1年間続けると、以下のような貯金額になります。

2万円 × 12ヶ月 = 24万円

つまり、手取り20万円の一人暮らしで、年間24万円の貯金が可能になります。

ただし、この試算は、生活費を切り詰めた場合の理想的な数字です。実際には、予期せぬ出費や、節約の難しい月もあるでしょう。

より現実的な貯金額を試算するために、生活費を少し増やしてみましょう。

【現実的な生活費内訳】

項目金額
家賃6万円
食費4.5万円
水道光熱費1.5万円
通信費1万円
交通費1.5万円
日用品費1.5万円
娯楽費1.5万円
衣服費1.5万円
美容・健康費1.5万円
合計20.5万円

この内訳では、生活費の合計が20.5万円になります。手取り20万円から生活費を差し引くと、マイナス5,000円になります。

つまり、この生活費内訳では、月々の貯金は難しいということになります。

ただし、ボーナスなどの臨時収入がある場合は、状況が変わります。例えば、年2回、合計で30万円のボーナスがあるとします。

30万円 ÷ 12ヶ月 = 2.5万円/月

この場合、月々2.5万円の追加収入があることになります。この追加収入を貯金に回すことで、以下のような年間貯金額が可能になります。

2.5万円 × 12ヶ月 = 30万円

つまり、ボーナスを貯金に回すことで、年間30万円の貯金が可能になります。

以上の試算から分かるように、手取り20万円で一人暮らしをしながら貯金をするのは、かなりの努力が必要です。生活費を切り詰めれば、月々2万円の貯金が可能ですが、現実的な生活費内訳では、月々の貯金は難しくなります。

ただし、ボーナスなどの臨時収入を貯金に回すことで、一定の貯金は可能です。また、副業などで収入を増やすことができれば、貯金の幅も広がります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。