コンビニでお得なクレジットカードは?還元率や使い方を解説

コンビニをよく利用する方は、少しでもお得な方法で決済が行えないか知りたいのではないでしょうか。対象店舗で特定のクレジットカードを利用すると、7%ものポイント還元を受けられる場合があります。そこで本記事では、コンビニをお得に利用できるクレジットカードを8種類紹介するほか、利用時の注意点も併せて解説します。

コンビニをお得に利用できるクレジットカードは?

コンビニをお得に利用できるクレジットカードには、以下のようなものがあります。

更新日 : 2024年7月2日
カード名国際
ブランド
年会費ポイント
還元率
付帯
サービス
電子マネー
対応
発行
スピード
三菱UFJカード

三菱UFJカード

Visa、Mastercard、JCB、AMEX1,375円(初年度無料、翌年以降年1回の利用で無料)0.4%〜5.5%海外傷害保険、ショッピング保険などApple Pay最短翌営業日
三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)

Visa、Mastercard永年無料0.5%〜7.0%海外旅行傷害保険、選べる無料保険 などApple Pay、Google Pay最短10秒
楽天カード(一般)

楽天カード(一般)

Visa、Mastercard、JCB、American Express永年無料1.0%〜17.0%海外旅行保険など楽天Edyなど約1週間~10日
ローソンPontaプラス

ローソンPontaプラス

Mastercard無料1.0%〜6.0%ショッピング保険などApple Pay最短3営業日
ファミマTカード

ファミマTカード

JCB無料0.5%〜2.0%ショッピング保険などApple Pay最短即日
JALカード(普通カード)

JALカード(普通カード)

Visa、Mastercard、JCB、AMEX2,200円(初年度無料 ・AMEXブランドは6,600円)0.5%〜1.0%国内・海外傷害保険などApple Pay、Google Pay最短2週間
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

American Express1,100円(初年度無料・前年に1円以上の利用で翌年度も無料)0.5%〜2.0%ショップ割引、セゾンサンクスオファー などあり最短5分
JCB CARD W(JCBカード W)

JCB CARD W(JCBカード W)

JCB永年無料基本1%海外旅行傷害保険、海外ショッピングガード保険 などApple Pay、Google Pay最短3営業日

ここからは、それぞれのクレジットカードの特徴を解説していきます。

三菱UFJカード:セブン-イレブン・ローソンでポイント還元率5.5%

三菱UFJカード

三菱UFJカード

公式サイトを見る

国際ブランドVisa、Mastercard、JCB、AMEX
年会費1,375円(初年度無料、翌年以降年1回の利用で無料)
ポイント還元率0.4%〜5.5%
付帯サービス海外傷害保険、ショッピング保険など
電子マネー対応Apple Pay
発行スピード最短翌営業日

更新日 : 2024年7月1日

カードの特徴

  • 対象店舗で利用すると5.5%のポイント還元が受けられる
  • 毎月の利用金額に応じたポイント優遇サービスが魅力
  • 18歳以上の学生は在学中の年会費が無料に

三菱UFJカードは、セブン-イレブン、ローソンをよく利用する方におすすめのクレジットカードです。対象店舗で利用するとポイント還元率が5.5%となるため、他のクレジットカードよりもポイントを貯めやすい特徴があります。コンビニ以外では、コカ・コーラの自販機やピザハットオンライン、松屋などが対象となっているため、よく利用する店舗がある方は三菱UFJカードを作成すると良いでしょう。

また三菱UFJカードでは、毎月の利用金額に応じて基本還元率が優遇される「グローバルPLUS」を設けています。1カ月の利用額が3万円以上の場合は基本還元率に10%、10万円以上の場合は20%が加算されるため、基本還元率が最大0.6%になるのです。基本還元率は0.5%と決して高くはありませんが、毎月の支払いを1枚にまとめることにより、公共料金などの支払いでもポイントが貯まりやすくなります。

三井住友カード(NL):対象コンビニで最大7%ポイント還元

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)

公式サイトを見る

国際ブランドVisa、Mastercard
年会費永年無料
ポイント還元率0.5%〜7.0%
付帯サービス海外旅行傷害保険、選べる無料保険 など
電子マネー対応Apple Pay、Google Pay
発行スピード最短10秒

更新日 : 2024年7月2日

カードの特徴

  • 対象のコンビニエンスストアや飲食店のタッチ決済で最大7%のポイント還元
  • 「ポイントUPモール」を経由したAmazonの利用で、最大4%のポイント還元
  • 最短10秒でカード番号が発行される
  • 年間100万円以上利用するとゴールドカードへアップグレードできる

スマートフォンのタッチ決済をよく利用する方には、三井住友カード(NL)の作成をおすすめします。対象のコンビニやマクドナルド、サイゼリヤなどの飲食店で利用すると7%のポイント還元が受けられるため、よく行くお店がひとつでもある方はぜひ持っておきましょう。

ただし三井住友カード(NL)で7%還元を受けたい場合は、以下の方法により決済を行う必要があります。

  1. 対象店舗のレジで「クレジットカードで支払う」と伝える
  2. ピーッと鳴るまで、タッチ決済端末にスマートフォンをかざす

iDで支払った場合や、プラスチックカードでタッチ決済を行った場合は7%還元の対象外となるため、支払い方法に注意しましょう。

また三井住友カード(NL)は、無料でゴールドカードを作成したい方にもおすすめできます。年間100万円(税込)以上利用すると、三井住友カード ゴールド(NL)に年会費永年無料でアップグレードできるからです。無料で作成できるにもかかわらず付帯特典が充実しているため、他のカードの支払いを1枚にまとめるなどして、アップグレードを狙うと良いでしょう。

楽天カード:楽天Payとの連携でポイント還元率が1.5倍

楽天カード(一般)

楽天カード(一般)

公式サイトを見る

国際ブランドVisa、Mastercard、JCB、American Express
年会費永年無料
ポイント還元率1.0%〜17.0%
付帯サービス海外旅行保険など
電子マネー対応楽天Edyなど
発行スピード約1週間~10日

更新日 : 2024年7月2日

カードの特徴

  • 年会費が無料
  • 楽天ペイとの連携でポイント還元率が1.5倍に
  • 楽天市場で利用すると最大17%のポイント還元が受けられる

楽天カードは、普段のお買い物でも利用したい方におすすめのクレジットカードです。基本還元率が1%と高めに設定されているほか、楽天ペイとの連携で1.5%のポイント還元が受けられるようになります。

また、普段から楽天グループのサービスを利用している方は、楽天市場で商品を購入すると、最大17%の楽天ポイントが付与されます。楽天カードで決済するとポイントが+2倍、楽天モバイル最強プランを契約していると+4倍など、楽天サービスを利用していればいるほどポイント還元率が高くなるため、楽天市場をよく利用する方は楽天カードで決済するようにしましょう。

コンビニでの利用はもちろん、普段のお買い物でもポイントが貯まりやすくなっていることから、利用する場面を選ばずに決済を行いたい方におすすめのカードです。

ローソンPontaプラス:ローソンで最大6%ポイント還元

ローソンPontaプラス

ローソンPontaプラス

公式サイトを見る

国際ブランドMastercard
年会費無料
ポイント還元率1.0%〜6.0%
付帯サービスショッピング保険など
電子マネー対応Apple Pay
発行スピード最短3営業日

更新日 : 2024年7月1日

カードの特徴

  • ローソンで利用すると最大6%のポイント還元が受けられる
  • 基本還元率が1%と使いやすい
  • お試し引換券との交換でよりお得に

ローソンPontaプラスは、ローソン(※ナチュラルローソンとローソンストア100も対象)をよく利用する方におすすめのクレジットカードです。毎月10日と20日の16時〜23時59分にローソンでカード決済を行うと、最大6%のPontaポイントが付与されます。6%還元を受けるためにはローソンアプリでの事前エントリーが必要ですが、利用日時さえ意識しておけば通常の6倍もポイントをお得に貯められます。

貯まったポイントは、Loppiまたはローソンアプリで発行できる「お試し引換券」と交換すると良いでしょう。引き換える商品によっては1ポイントあたり2〜3円相当の価値があるため、よりお得にポイントを活用できます。

ファミマTカード:ファミリーマートで最大2%のVポイント

ファミマTカード

ファミマTカード

公式サイトを見る

国際ブランドJCB
年会費無料
ポイント還元率0.5%〜2.0%
付帯サービスショッピング保険など
電子マネー対応Apple Pay
発行スピード最短即日

更新日 : 2024年7月1日

カードの特徴

  • ファミリーマートで利用すると最大2%のVポイントが付与される
  • ファミペイとの連携なら街のお店で最大1.5%還元
  • 旅行ツアー代金の割引が受けられる

ファミマTカードは、ファミリーマートをよく利用する方におすすめのクレジットカードです。他のクレジットカードでは、ローソンやセブン-イレブン、ミニストップで利用すると高いポイント還元を受けられるものがあります。しかしそのほとんどがファミリーマートを対象外としているため、ファミリーマートでのポイント還元を意識するなら、ファミマTカードが最適なのです。

基本還元率は0.5%であり、競合のカードと比べても低めなので、ファミペイアプリや他のクレジットカードと併用して利用すると良いでしょう。ファミリーマート以外のVポイント加盟店での決済ならファミペイアプリを利用し、Vポイント加盟店以外での決済なら楽天カードなどとの併用をおすすめします。ファミマTカードでファミペイアプリにチャージして、Vポイント加盟店で利用すると最大1.5%のポイント還元が受けられます。

JALカード(普通カード):ファミリーマートでマイルが2倍

JALカード(普通カード)

JALカード(普通カード)

公式サイトを見る

国際ブランドVisa、Mastercard、JCB、AMEX
年会費2,200円(初年度無料 ・AMEXブランドは6,600円)
ポイント還元率0.5%〜1.0%
付帯サービス国内・海外傷害保険など
電子マネー対応Apple Pay、Google Pay
発行スピード最短2週間

更新日 : 2024年7月1日

カードの特徴

  • ファミリーマートなどの対象店舗で利用するとマイル還元率が1%に
  • JALカードショッピングマイル・プレミアムへの加入で最大2%還元
  • 3つのタイミングでボーナスマイルが受け取れる

JALカード(普通カード)は、コンビニの利用でマイルを貯めたい方におすすめのクレジットカードです。ファミリーマートやイオン、マツモトキヨシなどのJALカード特約店で利用すると200円ごとに2マイルと1%のマイル還元が受けられます。1マイルあたりの価値は2〜6円程度とされているため、旅行や出張で飛行機をよく利用する方は、JALカードで決済を行うとマイルを効率的に貯められるようになります。

さらにマイルを貯めたい方は、JALカードショッピングマイル・プレミアムへ加入すると良いでしょう。年会費が4,950円(税込)必要となりますが、100円につき2マイルと2%のマイル還元が受けられるようになるため、年間の利用額によっては年会費の元を取れるでしょう。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード:QUICPayで最大2%還元

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

公式サイトを見る

国際ブランドAmerican Express
年会費1,100円(初年度無料・前年に1円以上の利用で翌年度も無料)
ポイント還元率0.5%〜2.0%
付帯サービスショップ割引、セゾンサンクスオファー など
電子マネー対応あり
発行スピード最短5分

更新日 : 2024年7月2日

カードの特徴

  • QUICPayの利用で最大2.0%相当のポイント還元
  • まんがセゾンでの利用ならいつでも50%ポイント還元
  • 有効期限のない永久不滅ポイントが魅力
  • 旅行保険はなし

QUICPayをよく利用する方は、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードを作成すると良いでしょう。コンビニやスーパー、カフェなどでQUICPayを利用すると、永久不滅ポイントが4倍となり、1,000円につき4ポイントが付与されるからです。ファミリーマートを対象としているクレジットカードは少ないため、ファミリーマートをよく利用する方にもおすすめできます。

また、漫画をよく読む方にもおすすめできます。電子書籍サービス「まんがセゾン」では、対象のセゾンカードでまんがを購入すると、決済額の最大50%が書店ポイントとして付与されます。10,000円分のまんがセゾンポイントを購入すると5,000円分の書店ポイントが付与されるため、15,000円分のまんがを購入できるのです。

まんがセゾンの基本還元率は30%のため、50%のポイント還元を受けるためには月額550円(税込)のセゾン達人コースへ加入する必要があります。なお永久不滅ポイントを書店ポイントへ交換すると、100ポイントが500円分の書店ポイントになります。

JCBカードW:セブン-イレブンでポイント2倍

JCB CARD W(JCBカード W)

JCB CARD W(JCBカード W)

公式サイトを見る

国際ブランドJCB
年会費永年無料
ポイント還元率基本1%
付帯サービス海外旅行傷害保険、海外ショッピングガード保険 など
電子マネー対応Apple Pay、Google Pay
発行スピード最短3営業日

更新日 : 2024年7月2日

カードの特徴

  • 申し込みは対象は18歳〜39歳以下限定
  • Starbucks eGiftの購入時はポイント最大21倍
  • Amazon、セブン-イレブンでの利用時はポイント4倍還元
  • 対象のパートナー店で利用すると最大10.5%還元

セブン-イレブンをよく利用する方は、JCBカードWを作成すると良いでしょう。セブン-イレブンでの利用なら2%還元、スターバックスカードへのオンライン入金などでは、10.5%のポイント還元が受けられるからです。また、基本還元率が1%と高めに設定されているため、パートナー店以外で利用する場合もポイントが貯まりやすい特徴があります。

最大10.5%のポイント還元を受けるためには、JCBオリジナルシリーズサイトでの事前登録が必要ですが、ボタンを押すだけで登録が完了するため、簡単に手続きが進められます。

コンビニでお得なクレジットカード選び方

コンビニでお得なクレジットカードの選び方には、以下のようなものがあります。

  • 年会費がかからないものを選ぶ
  • 普段利用しているコンビニで選ぶ
  • 基本還元率を意識して選ぶ

コンビニでの利用を想定している場合は、普段利用している店舗でカードを選ぶようにしましょう。なぜならクレジットカードの中には、特定の店舗で多くのポイント還元を行っているものがありますが、近くにそういったお店がないと、せっかくの特典が活かせないからです。特にファミリーマートをよく利用している方は、特典を付与しているカードが限られているため、基本還元率が高いカードなどと比較して決めると良いでしょう。

ローソンやセブン-イレブンをよく利用している方は、マクドナルドやスターバックスなど、コンビニ以外の利用店舗で比較することをおすすめします。どちらのコンビニも特典を付与しているカードが多いため、他の店舗も意識するとお得にポイントを貯めやすくなります。

コンビニでクレジットカード払いできないもの

以下のようなものは、原則としてクレジットカード払いに対応していません。

  • 公共料金やネットショッピングなどの払込票
  • 切手やはがき、収入印紙
  • プリペイドカードや商品券
  • 電子マネーへのチャージ など

主な理由としては、決済手数料により利益が出なくなることや、クレジットカードショッピング枠の現金化への懸念などが挙げられます。

ただし、コンビニで現金決済に対応していないものでも、他の場所ではクレジットカード決済が行えるものもあります。例えば公共料金の払込票はPayPayなどのスマホ決済で支払える場合があり、切手やはがきなどは郵便局であれば、クレジットカード決済が行えます。

コンビニでクレジットカード払いをする際の注意点

コンビニでクレジットカードを利用する際は、以下の点に注意しましょう。

  • 支払い回数は「1回払い」のみ
  • クレジットカードで支払えない商品がある

支払い回数は「1回払い」のみ

コンビニでクレジットカードを利用する場合は、一括払いで決済することになります。「分割払い」や「ボーナス払い」を希望する場合は、後からクレジットカードのMyページなどで支払い回数を変更するしかありません。

ただし3回以上に分けて支払う場合は、分割払い手数料がかかる点に注意しましょう。手数料はカード会社によって異なりますが、実質年率を12.0%〜15.0%の範囲で定めている会社が多い傾向です。

クレジットカードで支払えない商品がある

公共料金やネットショッピングの払込票、プリペイドカードなどの一部の商品は現金でしか支払えない場合がほとんどです。コンビニ店頭ではクレジットカード決済が行えないため、手元に現金がない場合は注意しましょう。

クレジットカード決済を希望する場合は、事前手続きにより支払い方法を変更しておきましょう。最近ではクレジットカード決済に対応している公共料金が多いため、利用するカードによってはお得にポイントを貯められます。

公共料金のクレジットカード決済については、以下の記事で詳しく解説しています。

いつも利用しているコンビニでお得にポイントを貯めよう

本記事では、コンビニでお得に利用できるクレジットカードを8枚紹介しました。クレジットカードを選ぶ際は、普段から利用するお店を想定して、年会費無料のものから選ぶと良いでしょう。ポイント還元率を重視しすぎてしまうと、ポイントを貯めるために普段利用しないお店を利用することになるかもしれません。手段と目的が逆転しないよう注意が必要です。

ポイント還元率を重視したい方は三井住友カード(NL)、基本還元率を重視したい方は楽天カードやJCBカードWを選ぶと良いでしょう。いずれのカードも利用する店舗や場面を意識することにより、お得にポイントを貯められます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。