クレジットカード最強の2枚は?メインとサブの組み合わせをパターン別に紹介

メインカードとサブカードでクレジットカードを使い分けすることで、幅広いシーンで特典を得られるメリットがあります。

本記事では数多くあるクレジットカードの中から、最強の2枚を紹介します。メインとサブの2枚持ちでおすすめの組み合わせもシーン別に紹介するので、あわせて参考にしてください。

クレジットカード最強の2枚の選び方

クレジットカードを2枚持ちする際、どのカードを選べば良いのか迷ってしまうでしょう。複数のクレジットカードを持つ際は、いくつかの選ぶポイントがあります。

  • メインカードとサブカードを決める
  • 国際ブランドを別のものにする

メインカードとサブカードを決める

クレジットカードを2枚持つときは、メインカードとサブカードを分けて決めましょう。メインカードを選ぶ際は、ポイント還元率が高く、いつも自分が使っているお店と提携しているものがおすすめです。利用金額に合わせてポイントが還元されるため、日常使いで効率良くポイントを貯められます。

サブカードを選ぶ際は、メインカードのデメリットを補えるクレジットカードがおすすめです。例えば、メインカードには付帯していない保険が付いていることなどです。

国際ブランドを別のものにする

メインカードとサブカードは国際ブランドを別のものにしましょう。国際ブランドごとに強みや特徴が異なるためです。

例えばJCBであれば、国内で利用できるショップが多くありますが、海外では加盟店が少ない傾向にあります。そのため、2枚ともJCBブランドのカードにすると、海外に行ったときに利用できない場合など、不便に感じるかもしれません。

国際ブランドを別のものにすることで、それぞれのメリットが得られます。

また、仕事用とプライベート用で分けたいなら、例えばプライベート用は国内でのショッピングに便利なクレジットカードを選び、仕事用は海外企業との取引でも利用しやすいカードを選ぶといった使い分けもも考えられます。

そもそもクレジットカードを2枚持つメリットは?

クレジットカードを2枚持ちするメリットは以下の通りです。

  • 利用目的に合わせて使える
  • クレジットカードの特典を最大限に受けられる
  • トラブルに備えられる
  • 利用可能枠が増える

クレジットカードを2枚持つことで、利用目的に合わせて使い分けられるのが大きなメリットです。メインカードは生活必需品の支払いで使用し、サブカードは娯楽や急な出費の用途で使うなど、目的に合わせて使い分けることで出費の管理がしやすくなるでしょう。

急なトラブルにも備えられます。万が一メインカードが使えなくなった場合でも、サブカードがあれば問題なくクレジットカードでの支払いに対応できます。

また、異なるクレジット会社のカードを2枚持ちすることで、利用可能枠を増やすこともできます。急に必要になった高額な支払いで利用可能枠に達してしまっても、もう1枚のカードがあれば安心です。

還元率重視の最強の2枚

ここからは、還元率重視の最強のカード2枚を紹介します。利用するシーンや頻度によっても最適な組み合わせが異なるので、自分に合ったカード2枚を選びましょう。

  • 楽天カードとイオンカード
  • JCBカードWと三井住友カード(CL)

楽天カードとイオンカード

楽天カードはポイントが貯まりやすく、100円につき1ポイントが貯まります。楽天市場を利用するとポイントが3倍にアップしたり、提携店舗でカード提示するだけでポイントが貯まったりなど、ポイントの貯まりやすさが魅力的です。

ファストフード店、ガソリンスタンド、コンビニなど幅広い店舗が楽天と提携しているため、日常使いに向いています。

イオンカードは、イオングループでの利用がお得なクレジットカードです。イオングループで提携するショップで買い物をすることで、割引やポイント進呈など、お得な特典が受けられます。

楽天カードとイオンカードを併用するなどして、日常生活の中で手堅くポイントを貯められるでしょう。

楽天カード

年会費永年無料
還元率1.0%
国際ブランドVisa、Mastercard、JCB、アメックス
電子マネーApple Pay*、Google Pay、楽天Edy
追加カードETCカード、家族カード

* Apple Payは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。

イオンカード

年会費無料
還元率0.5%
国際ブランドVisa、Mastercard、JCB
電子マネーWAON、イオンiD
追加カードETCカード、家族カード

JCBカードWと三井住友カード(CL)

JCBカードWはポイント還元率が1.0〜5.5%と高く、利用するほどにポイントが貯まりやすいのが特徴です。

また、Amazonやスターバックスなどのパートナー店で利用すると、最大20倍のポイントが貯まるため、普段使いにおすすめのカードです。

三井住友カード(CL)は利用金額に応じて、Vポイントが貯まります。貯めたポイントは景品やマイル、ギフトカードなど、ユーザーのライフスタイルに合わせてさまざまな特典と交換できるため、ポイントを無駄にせず活用できるでしょう。

対象のコンビニや飲食店では最大20%ポイントが還元されるため、外食に行くときなどにもおすすめです。

JCBカードW

年会費無料
還元率1.0%
国際ブランドJCB
電子マネーApple Pay、Google Pay
追加カードETCカード、QUICPay、家族カード

三井住友カード(CL)

年会費無料
還元率0.5%
国際ブランドVisa、Mastercard
電子マネー三井住友カードiD、Apple Pay、Google Pay、三井住友カードWAON、PiTaPaカード
追加カードETCカード、家族カード

付帯サービス重視の最強の2枚

次に付帯サービスを重視した最強の2枚の組み合わせを紹介します。

  • JCBカードWと三井住友カード(NL)
  • 三菱UFJカード VIASOカードとライフカード

JCBカードWと三井住友カード(NL)

JCBカードWは、海外旅行傷害保険が最高2,000万円、ショッピングカード保険が最高100万円となっています。充実した補償内容になっているため、海外旅行や出張の際でも安心して利用できるでしょう。

三井住友カード(NL)は「選べる無料保険」が付帯しており、ライフスタイルに合わせて保険内容の切り替えができます。

三井住友カード(NL)の「選べる無料保険」の対象となる補償プラン

  • ゴルフ安心プラン(ゴルファー保険)
  • 弁護士安心プラン(弁護士保険)
  • スマホ安心プラン(動産総合保険)
  • 日常生活安心プラン(個人賠償責任保険) など

三井住友カード(NL)の保険内容を切り替えると、海外旅行傷害保険が無効になってしまいますが、2枚持ちによりJCBカードWで補えます。

JCBカードW

年会費無料
還元率1.0%
国際ブランドJCB
特典
  • 国内:なし
  • 海外:最高2,000万円(利用付帯)
  • ショッピング:年100万円(海外のみ)
追加カードETCカード、QUICPay、家族カード

三井住友カード(NL)

年会費無料
還元率0.5%
国際ブランドVisa、Mastercard
特典
  • 国内:なし
  • 海外:最高2,000万円(利用付帯)
  • ショッピング:なし
    「選べる無料保険」で内容を切り替え可能
追加カードETCカード、家族カード

三菱UFJカード VIASOカードとライフカード

三菱UFJカード VIASOカードは最高2,000万円の海外旅行保険と、ショッピング保険が年100万円付いています。国内旅行保険は付いていませんが、海外に行く機会が多い方にとっては充実した補償になっているので安心です。

ライフカードは付帯保険が付いていませんが、海外アシスタンスサービスを受けられるのが特徴です。ホテルやレストランなどの予約や、病気やけがをした際の病院紹介など、旅行をサポートしてくれるので安心です。

付帯保険が付いていなくても、メインカードの三菱UFJカード VIASOカードで補えるので問題はないでしょう。

三菱UFJカード VIASOカード

年会費無料
還元率0.5%
国際ブランドMastercard
特典
  • 国内:なし
  • 海外:最高2,000万円(利用付帯)
  • ショッピング:年100万円
追加カードETCカード、家族カード、銀聯カード

ライフカード

年会費無料
還元率1.0%
国際ブランドVisa、Mastercard、JCB
特典国内外のショップ・レストラン・アミューズメントスポットなどでの優待サービス
追加カードETCカード、家族カード

年会費を抑えつつサービスの幅を広げる最強の2枚

次に、年会費を抑えながらも充実したサービスが受けられる最強の2枚の組み合わせを紹介します。

  • 楽天カードとリクルートカード
  • 三井住友カード(NL)と楽天ゴールドカード

楽天カードとリクルートカード

楽天カードとリクルートカードの組み合わせもおすすめです。楽天カードは基本のポイント還元率が1%と安定して高く、楽天市場や楽天提携店舗で利用すればより多くのポイントが貯まります。

リクルートカードは基本還元率が1.2%で、ショッピングだけではなく、公共料金の支払いや電子マネーにチャージするだけでもポイントが還元されます。

楽天カード提携店舗と利用する際は楽天カードを提示してポイントを貯め、支払いはリクルートカードを利用すれば両方のポイントが効率良く貯められるでしょう。ポイントをお得に貯めたい方におすすめです。

楽天カード

年会費無料
還元率1.0%
国際ブランドJCB、Visa、Mastercard、アメックス
特典最高2,000万円の海外旅行傷害保険
追加カードETCカード、家族カード

リクルートカード

年会費無料
還元率1.2%~
国際ブランドJCB、Visa、Mastercard
特典
  • 海外旅行傷害保険:最高2000万円(利用付帯)
  • 国内旅行傷害保険:最高1000万円(利用付帯)
  • ショッピング保険(国内外):年間200万円
追加カードETCカード、家族カード

三井住友カード(NL)と楽天ゴールドカード

ナンバーレスやタッチ決済などの機能に加えて、提携店舗の多い安定感のある三井住友カード(NL)に加えて、年会費有料の楽天ゴールドカードを組み合わせることもおすすめです。

楽天ゴールドカードは年会費が有料ですが、2,200円と格安です。国内空港ラウンジが年間2回無料で利用できたり、世界44拠点のトラベルデスクが旅のサポートをしてくれたりと、有料年会費のクレジットカードの魅力を格安で体感できます。

旅行や出張の多い方は、一つ上のサービスを試してみてはいかがでしょうか。

三井住友カード(NL)

年会費無料
還元率0.5%
国際ブランドVisa、Mastercard
特典
  • 海外:最高2,000万円(利用付帯)
  • ショッピング:なし
  • 「選べる無料保険」で内容を切り替え可能
追加カードETCカード、家族カード

楽天ゴールドカード

年会費2,200円(税込み)
還元率1.0%
国際ブランドVisa、Mastercard、JCB
特典
  • 海外旅行傷害保険
  • 国内空港ラウンジが年2回無料
  • 海外のトラベルデスクサポート
  • お誕生月にポイントアップ

など

追加カードETCカード、家族カード

3枚持ちにはメリットがある?

JCBの調査によると、国内におけるクレジットカードの平均保有枚数は3枚です。クレジットカードを3枚持ちにする場合、以下のメリットがあります。

  • クレジットカードごとの特典をより多く利用できる
  • 複数の国際ブランドが利用できる
  • 目的別の管理がしやすい

クレジットカードには、それぞれ特典があります。複数のクレジットカードを持つことでそれぞれの特典が受けられるため、外食や娯楽などさまざまなシーンでお得になるケースも多いです。

また、プライベート用と仕事用の2種類だけではなく、プライベート用でも生活必需品とレジャー用とに分けることで、より細かく目的別に出費の管理がしやすくなります。

なお、用途別の管理を目的に複数枚のカードを持ちたいと考えている場合、バーチャルカードを複数枚発行する方法も選択肢として挙げられます。バーチャルカードについては下記記事でも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

クレジットカードの2枚持ちは使い方に合わせた組み合わせを

本記事では、おすすめのクレジットカード最強の2枚の組み合わせを紹介しました。ポイント還元率を重視するのか、付帯特典を重視するのかによって組み合わせに適しているカードは異なります。

クレジットカードを複数枚持つことで、それぞれのカードの特典を受けられますし、利用できるシーンが広がります。支払いでクレジットカードを利用する店舗も増えてポイントが貯まりやすくなるため、節約やポイ活を意識している方はぜひ検討してみてください。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。