2枚目の楽天カードを作るメリットは?作り方や注意点も解説

「仕事用とプライベート用でカードを分けたい」とクレジットカードの2枚持ちを考えたことはありませんか。

楽天カードはお得な入会キャンペーンや還元率の高さから人気のあるカードです。2021年6月以降、個人でも2枚目の楽天カードが発行できるようになりました。

そこで今回は、2枚目の楽天カードを作るメリットや注意点を解説します。

楽天カードの2枚持ちのメリットは?

楽天カードは利用料金の支払いで100円ごとに1ポイントの楽天ポイントが貯まるクレジットカードです。年会費が無料にもかかわらず、ポイント還元率が1%と高いのが特徴です。

ここでは、楽天カードの2枚持ちによってどのようなメリットがあるのかを見ていきます。

1枚目と異なる国際ブランドのカードを作れる

2枚目の楽天カードを持つメリットは、1枚目と異なる国際ブランドのカードが作れる点です。

楽天カードは、JCB、VISA、Mastercard、American Expressの4つの国際ブランドから選べます。

1枚目のブランドと異なるクレジットカードを持つと、それぞれの特典やサービスをお得に利用可能です。例えば、American Expressは空港ラウンジの無料利用など旅行者に嬉しい特典があります。

さらに異なる国際ブランドのカードを持っていれば海外での買い物の際などに、1枚目のカードが使えなくても2枚目のカードは使えるといったケースもあります。カードの2枚持ちは海外での利用に有用といえます。

異なる引き落とし口座を設定できる

楽天カードの特徴として、1枚目と2枚目の引き落とし口座を別々に設定できる点が挙げられます。異なる銀行口座の設定により、プライベート用とビジネス用の口座の使い分けが可能となり、支出の管理がしやすくなります。とくに、フリーランスや副業を行っている方にとっては非常に便利なサービスです。

2枚目のカードの引き落とし口座を変更する場合は、楽天e-NAVIから別途設定が必要です。

カードの使い分けができる

楽天カードを2枚持つメリットの1つは、各カードの利用明細が別々に表示されるため、使用目的に応じてカードを分けて使える点です。

例えば、一方のカードは家計用、もう一方のカードは自己投資に使うなどの使い分けができます。楽天カードの明細をそれぞれの目的で分けると、お金の管理が可視化でき、節約につながるポイントを見つけられます。

楽天ポイントを効率的に貯められる

楽天カードを2枚持ちすると、楽天ポイントをより効率的に貯められます。

例えば、1枚目の楽天カードは家庭用、2枚目のカードはビジネス用としている場合を考えてみましょう。家庭用カードで家賃の支払いや食料品の購入をし、ビジネス用カードで手帳などビジネス用品を購入すると、それぞれのカード利用でポイントが貯まります。

結果として、プライベートと仕事の両方の出費でポイントを効率よく獲得でき、貯まったポイントは、旅行や大型家電の購入など、あらゆるシーンで活用できます。

2枚目の楽天カードを作る際のおすすめ

2枚目として申し込める楽天カードの種類や、1枚目との組み合わせが気になる方も多いでしょう。

ここでは、2枚目の楽天カードを作る際におすすめの組み合わせを中心に紹介します。

楽天カードの主な種類

2枚目に申し込みできる楽天カードの主な種類は以下の通りです。

  • 通常の楽天カード
  • 楽天PINKカード
  • 楽天プレミアムカード
  • 楽天ゴールドカード

ただし、2枚目の楽天カードを申し込む際、年会費が有料の楽天カードは2枚持てないなどの条件があります。1枚目が年会費有料の「楽天ゴールドカード」や「楽天プレミアムカード」である場合、2枚目では年会費有料のカードを申し込むことはできないのでご注意ください。

楽天カード2枚目のおすすめの組み合わせ

2枚目の楽天カードを作る場合、年会費が有料の楽天カードは2枚持てないなどの条件があります。ここでは、2枚目のカードを作る際に制限のない通常の楽天カードを1枚目のカードとして、2枚目の保有におすすめの組み合わせを2パターン紹介します。

楽天カードと楽天PINKカード

手軽に女性向けの保険に入りたい方には、2枚目のカードとして楽天PINKカードがおすすめです。楽天PINKカードは、月額330円で楽天グループの優待サービスと女性の病気をサポートする保険に加入できます。

楽天カードと同じく、楽天PINKカードの年会費も無料です。お得に楽天カードの特典を使いたい方には、魅力的な組み合わせといえます。

楽天カードと楽天プレミアムカード

家庭用とビジネス用のカードを使い分けたい方には、楽天カードと楽天プレミアムカードの組み合わせがおすすめです。

とくに海外出張が多い方にはビジネス用として「楽天プレミアムカード」を2枚目のカードとして検討してみてください。楽天プレミアムカードは、空港ラウンジの無料利用や旅行傷害保険の自動付帯といった特典があり、出張の際の安心感にもつながるでしょう。

また、仕事とプライベート、それぞれの支払いを別カードにすると、お金の管理がより便利になります。海外によく行く方や、使い分けを通じてお金を楽に管理したい方にとって、理想的な組み合わせといえるでしょう。

楽天カードを2枚持ちする注意点・デメリット

楽天カードを2枚持ちするメリットを最大限に活用するためには、カードの注意点も知っておく必要があります。ここでは、具体的なデメリットと注意点を解説します。

2枚目の楽天カードが作れないケース

2枚目の楽天カードを作る際に、カードが作れない組み合わせは以下の通りです。

  • 楽天PINKカード2枚持ち
  • 年会費が有料の楽天カードの2枚持ち
  • 楽天銀行カードと楽天カード2枚持ち
  • 楽天ANAマイレージクラブと楽天カード2枚持ち
  • 楽天カードアカデミーと楽天カード2枚持ち
  • 年会費が有料の楽天プレミアムカードの2枚持ち

例外として、アルペングループ楽天カードは組み合わせに関係なく作れます。1枚目は年会費無料の楽天カードとの組み合わせを選んでください。

限度額が上がるわけではない

楽天カードを2枚持ちしても、楽天カードの限度額は上がりません。利用限度額は2枚の楽天カードのうち、金額が大きい方が適用されます。

例えば、1枚目の楽天カードの限度額が50万円、2枚目のカードの限度額が120万円だとします。2枚のカードのうち、限度額が大きい120万円が適用され、総ご利用限度額は、120万円となります。

新規入会キャンペーンは適用されない

2枚目の楽天カード発行の際は、新規入会キャンペーンは適用されません。

しかし、2枚目の楽天カードの申し込みと利用で1000ポイント付与されるキャンペーンが頻繁に開催されています。

2枚目の楽天カードをお得に作りたい方は、定期的にキャンペーン情報をチェックし、適切なタイミングで申し込みましょう。

家族カードとの違い

楽天カードの2枚目として、自分名義で作る場合と家族カードとして作る場合では、利用明細や引き落とし口座が異なります。

  • 自分名義の2枚目のカード:各カードに別々の利用明細が発行され、別の引き落とし口座を設定できます。
  • 家族カード:利用明細は本カード会員の利用明細と同じです。引き落としは本カード会員の口座からまとめて行われます。

2枚目の楽天カードの作り方・申し込み方法

2枚目の楽天カードの作り方と申し込み方法を紹介します。

  1. 楽天会員専用サイト「楽天e-NAVI」にログインし、「メニュー」から「お申し込み」をクリックする
  2. 「カードの追加、切り替え」を選び、2枚目に作りたい楽天カードをチョイスする
  3. 本人情報を確認して、2枚目の楽天カードの国際ブランドやデザインなどを選び、申し込み完了

申し込みが完了次第、メールが送られ、約1週間から10日で2枚目の楽天カードが届きます。2枚目の楽天カードを受け取ったら、楽天e-NAVIに楽天カードの情報を登録しておきましょう。

楽天カードの2枚持ちをして、お得にポイントを貯めよう

2021年6月以降、個人でも2枚目の楽天カードが発行できるようになりました。

2枚の楽天カードを持つことで、楽天ポイントをより効率的に貯められます。さらに、2枚のカードで異なる引き落とし口座が設定できるため、家庭用とビジネス用と分けて使うことも可能です。家庭用とビジネス用と分けると、支出の管理がしやすく、節約にもつながりやすくなります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。