株投資の初心者はいくらから始めればいい?少額投資のコツを伝授

株式投資を行うには、まとまった資金が必要ですが、初心者にはハードルが高いため、少額で株式を購入できる少額投資の仕組みが用意されています。

今回は株式の少額投資のメリットやデメリット、少額投資でも利益を出すコツを解説するとともに、少額投資向けの証券会社をご紹介します。これから株式投資を始めようと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

株の初心者はいくらから始めるのが良い?

株の初心者が気になるのが、金額がいくらかということかと思います。ここでは、少額投資の金額を中心に解説します。

株の初心者が考慮すべき投資金額

通常、株式は単元株といって100株単位で購入しなければなりません。例えば、購入しようとしている銘柄の株価が4,000円の場合、4,000円×100株=40万円の資金が必要です。

しかし、株式は投資商品の中でも価格の変動が激しく、また、企業の業績によっては大きく下がることもあるため、比較的リスクの高い商品です。初心者がいきなり購入するにはかなりの勇気が必要ではないでしょうか。

株を始めるための最低投資金額

株式にかかわらず、運用を始めるには余剰資金の範囲内で行うことがポイントです。生活費の3~6カ月分は緊急資金として預貯金で確保しておき、それ以外の余裕資金で投資を行うようにしましょう。

また、初心者なら100株単位で購入する単元株取引ではなく、単元未満株の取引から始めることをおすすめします。どの証券会社でも購入できるわけではありませんが、証券会社によっては単元未満株の取引を用意しています。

単元未満株の取引だと1~99株までの範囲内で株式を購入できるため、1株だけ購入してもいいですし、10株購入するのも良いでしょう。

ただ、株式の購入(取引)には手数料(取引手数料)が発生します。手数料は証券会社ごとに、そして選択するプランごとに異なりますので、自分の取引スタイルに合ったプランを選ぶようにしてください。

安全な投資のための推奨投資金額

安全に運用するためにも、初めて株式を購入するなら10万円以下の資金から始めるようにしましょう。もしくは10株単位での購入を考えてもいいでしょう。4,000円の銘柄なら10株購入するには4万円の資金があれば大丈夫です。

例えば、トヨタ自動車の株価は2218.5円です(2013年6月21日時点)。10株購入するなら22,218円準備すれば良いのです。このくらいの金額なら、一時的に株価が下がったとしても、被害額を抑えられます。

もちろん株式の銘柄の中には300円程度のものもあります。この銘柄なら、単元株(100株)を購入しても3万円です。株価の安い銘柄から投資を始めてもいいかもしれません。

自分に合った投資額の見つけ方

株式投資を行う上で大切なことは、自分がどこまでの損失なら耐えられるかを知ることです。まず少額で始めてみて、株価の動きに慣れるようにしましょう。

そして、株価が下がったときに自分がどう感じるかを覚えておくことが大切です。最初は誰でも、「損失を出してしまった」とショックを受けるものですが、株価は常に上がったり下がったりします。損失が出た次の日には、大きく上がっているケースもあり、そのときには「そのまま保有しておいて良かった」と思うでしょう。

一定期間株式を保有することで、値動きにも慣れてきます。その中で、自分が余剰資金の範囲内で投資を行う上で、どこまでの損失なら耐えられるかの判断がつくようになります。その上で、今の自分にはどのくらいの投資額が妥当なのかを考え、実行しましょう。

少額投資のメリット

少額投資の主なメリットは、次の3つです。

株式市場が下落した際の損失を抑えられる

少額投資を行うことで、一時的に保有している銘柄の株価が下落しても、損失が少なくてすみます。

4,000円の株を単元株(100株)購入していた場合と、10株購入していた場合で、株価が4,000円から3,000円に下がった場合、100購入していた場合は10万円の損失になりますが、10株の保有だと1万円の損失ですみます。

コストをかけずに株式投資に慣れることができる

運用自体が自己責任である中、株式投資は比較的リスクの高い商品です。そのため、本格的に取り組むなら、まずは株式投資に慣れることが大切です。とはいえ、何十万円といった多額の費用で株式を購入すると、株式投資に慣れる前に損失を被ることで、自分には向いていないと思い、株式投資だけでなく、運用そのものから離れてしまう可能性があります。

また、運用を行うにあたっては、日々の経済の動向や世界情勢に目を向ける必要もあります。少額投資から勉強することで、最終的に株式投資の特徴を理解でき、自分の運用スタイルに反映させられるでしょう。

分散投資が可能になる

運用の原則の一つに「分散して行うこと」があります。この分散は「商品の分散」という意味と「時間の分散」という意味を併せ持っています。少額投資を行うことで、複数の銘柄を購入でき、商品の分散につながります。

業種が異なる銘柄などを複数持つことで、業種特有の株価の動きを知ることもできます。少額投資を行うなら、ぜひ分散投資も視野に入れ、少しずつ保有する銘柄を増やしていきましょう。

少額投資のデメリットや注意点

少額投資にはメリットだけでなく、デメリットや注意点もあります。

得られるリターンが少なくなる

投資元本が少ない分、株価が上昇したとしても得られる利益は少なくなります。株価4,000円の銘柄を100株保有しており、それが5,000円まで値上がりした場合、得られる利益は10万円ですが、10株保有の場合に得られる利益は1万円です。

少額投資を行うにあたっては、大きなリターンを得ることは考えず、時間をかけて株式投資に慣れることを重視しましょう。

取引時間が制限される

少額投資のサービスは、証券会社が独自に提供するサービスなので、サービスの内容によっては、取引時間が制限されたり、購入できる銘柄が制限されたりすることがあります。少額投資を行う際には、自分が購入したいと思っている銘柄がサービスの中に含まれているか、また取引の時間に制限がないかなどについて確認しておきましょう。

取引によっては手数料が割高になる可能性がある

株式の取引は売り注文や買い注文を発注し、約定(成立)した場合、売却や購入が可能になります。そして、取引においては手数料が発生しますが、約定金額に応じたプランや、取引回数に応じて手数料がかかるプランが用意されているケースが多く見られます。

特に少額投資の場合は取引回数に応じて手数料がかかる仕組みを取り入れているケースが多く、取引を行う度に手数料がかかってしまうことになります。利益を得たとしても、手数料で相殺されてしまっては元も子もありません。少額投資を行う際には、手数料がどのくらいかかるのかも併せて考える必要があります。

同じ失敗を繰り返してしまう

少額投資は株価が下がったとしても損失が少ないため、なぜ株価が下がったのかなどの理由を考えることなく、同じ失敗を繰り返しがちです。少額投資を行う目的は、少額の取引で株式投資に慣れ、相場の動きの仕組みなどを理解することです。

もし損失が出たなら、「なぜ株価が下がったのか」「背景にある理由にはどのようなものが挙げられるのか」を自分で分析することが大切です。そして同じ失敗は繰り返さないように心がけましょう。

少額投資でも利益を出すコツ

少額投資でも利益を出せるということがあります。ここでは利益を出すコツについて解説しましょう。

長期で運用する

運用で利益を出すには、長期の運用が原則です。特に株式のような価格の変動が大きい運用商品は長期で保有することにより、マイナスの局面が消え、リターンが得られやすくなるという特徴があります。

短期間で利益を出そうと思わず、購入した銘柄を長期保有し、経済の成長とともに株価が上がることを期待する考え方を持つようにしましょう。

少額投資に合った証券会社を選ぶ

少額投資のサービス内容は証券会社によって異なります。選べる銘柄数や手数料体系などを比較し、なるべく選べる銘柄数が多く、手数料の低い証券会社を選ぶようにしましょう。

非課税口座を活用する

株式の売却益や配当金を受け取った際には20.315%の税金がかかります。少額投資では得られる売却益も少ないため、非課税口座(NISA)を活用することで税金を気にすることなく、売却益全額を手にすることができます。

非課税口座の活用は少額投資だけでなく運用全体に当てはまることです。非課税口座の制度は2024年1月から大きく変わりますので、その内容もしっかり把握した上で非課税口座を開設し、活用していきましょう。

ただし、証券会社によっては単元株未満の取引はNISAの対象外としているところもありますので、事前に確認することを忘れないようにしてください。

株初心者におすすめの証券会社

株の初心者におすすめの証券会社として、以下の3つをご紹介します。

SBI証券

ネット証券大手のSBI証券では、「S株」というサービス名で単元株未満の取引を行っています。SBI証券の「S株」の魅力は、買付手数料が無料であることです。また、24時間いつでも注文が可能な点も特徴です。ただし、市場への発注は9時、12時30分、15時の3回となる点に注意しておきましょう。また、NISA口座での買付が可能な点もうれしいですよね。

SBI証券の「S株」で購入されている銘柄の上位10位には、以下のものがあります。

  • KDDI
  • 任天堂
  • 日本たばこ産業
  • 花王
  • アステラス製薬
  • 伊藤忠商事
  • 三菱HCキャピタル
  • INPEX
  • 三菱商事
  • 東京海上ホールディングス

楽天証券

楽天証券は楽天サービスをよく利用する人に人気のある証券会社で、楽天ポイントを使った取引も可能です。楽天証券では単元株未満の取引について、「かぶミニTM」を取り扱っています。業界で初めて、リアルタイム取引と寄付取引の両方で単元株未満の取引ができるビジネスモデルを確立しており、他の証券会社と差を付けています。

もちろんNISAにも対応しており、取引手数料もSBI証券と同様に買付手数料は無料になっています。

また、3,000円から国内株式を買付できる「かぶツミTM」サービスも行っています。最初に設定しておけば、指定した日もしくは曜日に買付を行います。積立条件も金額指定と株数指定が選べるようになっており、使いやすいサービスといえるでしょう。

積立投資は平均購入価格を下げるドルコスト平均法を活用して購入するため、コストを下げた買付が可能です。

取引はPCのみ対応可能ですが、今後スマホアプリである「iSPEED」での取引も可能になる予定です。スマホアプリで取引が可能になれば、隙間時間に発注することもできるので、非常に助かります。

楽天証券の「かぶミニTM」では、以下の株が多く買われています。

  • レーザーテック
  • 日本電信電話
  • 東京エレクトロン
  • ソニーグループ
  • アドバンテスト

auカブコム証券

auカブコム証券では「プチ株」というサービス名で単元未満株の取引を行っています。購入の際にPontaポイントが使えるのが特徴で、積立買付を行う場合は手数料が無料になります。

また、NISA口座での利用も可能です。注文は24時間可能ですが、SBI証券や楽天証券と異なり、買付手数料が約定代金の0.55%(最低52円)かかる点に注意が必要です。買付にPontaポイントが使えるため、現金を使わずに少額投資の勉強ができる点は強みといえるでしょう。Pontaポイントを貯めているなら、ぜひ少額投資に活用してみましょう。

少額投資は証券会社選びが大切

本稿のまとめ。見出しテキストは内容に応じて変更ください。

株式の少額投資は、1株単位で株式を購入できるため、少額で株式投資の勉強ができます。株式投資に慣れるには、株価の動きをチェックし、変動した理由を考えながら、売り時や買い時などを自分で判断できるようにならなければなりません。

ただし、どの証券会社も単元未満株の取り扱いを行っているわけではなく、取り扱いをしている場合でも証券会社によってサービスの内容や取扱銘柄数が異なります。

株式の少額投資を行う際には、どの証券会社のサービスが自分に合っているかを見極める必要があります。少額投資なので、リターンが少ないことからも、長期投資で取り組むようにしましょう。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。