dカード(シルバー)を使うメリットは?GOLDよりもお得?

dカードは、年会費が無料で、ポイント優待や特典が充実しているクレジットカードです。dカードを選ぶ中で「dカードとdカード GOLDのどちらがお得なのか」「家族カードの年会費は必要なのか」と気になる方もいるでしょう。本記事では、知っておきたいdカードを使うメリットや、GOLDとどちらがお得かに焦点を当てて深掘りします。

dカード(シルバー)を使うメリット

dカード(シルバー)は、NTTドコモが発行しているクレジットカードです。dカードは一般カードですが、dカード GOLDのカード本体が金色のデザインであるのに対して、dカードが銀色であることから「dカード シルバー」と呼ばれることがあります。

dカードは、ETCカードが実質無料で作れるなど魅力があるカードです。この章では、dカードを利用する主なメリットを3つ紹介します。

年会費が永年無料

dカードの最大のメリットは、年会費が永年無料なので気軽に持ちやすい点です。

日常的にクレジットカードを使いたいけど、なるべくコストを抑えたい方にとって、dカードは理想的なクレジットカードといえるでしょう。

dポイントの有効期限が長い

獲得したdポイントの有効期間が長いのも、dカードのメリットの1つです。

通常、クレジットカードのポイントは2年間の有効期限が多いところ、dポイントは、ポイントをもらってから4年間(48ヶ月)と有効期限が長く設定されています。

貯めたdポイントは、ローソンやファミリーマート、マツモトキヨシなどの「dポイント加盟店」において1ポイント=1円で利用できます。ほかにも、貯めたdポイントをJALマイルに交換できるのも大きな魅力です。

ETCカードが実質無料で作れる

ETCカードが実質無料で入手できるのは、ユーザーにとってうれしいメリットです。初年度の年会費は不要で、2年目以降の年会費は550円かかりますが、ETCカードを少なくとも1年に1回使えば、翌年の年会費も無料になります。

加えて、ETCカードの利用は、dカードのポイント対象の1つです。通勤やレジャーでよく高速道路を利用する方は、dポイントを効率良く貯められます。

dカードの特徴

dカードの基本情報と特徴を解説します。

■dカードの基本情報

年会費永年無料
ポイントの名称dポイント
ポイント還元率1%
国際ブランドVisa、Mastercard
保険・補償
  • dカードケータイ補償:購入から1年間最大1万円を補償
  • カードの紛失や盗難の補償
特典や優待
  • 海外・国内旅行保険(29歳以下)
  • dカードトラベルデスク
  • お買物あんしん保険(年間100万円まで)

dカードの大きな特徴は、貯めたポイントで携帯料金の支払いに1ポイント単位で充当できることです。携帯料金が安くなるので、日々の節約に役立ちます。

また、スマートフォンやパソコンからWeb明細が確認できるのも注目すべきポイントです。過去15ヶ月分の明細をすぐに見られるので、家計の見直しにも使えます。

さらに、dカードで購入した商品で、購入日(配送などによる場合には物品の到着日)から90日以内に偶然な事故(国内海外問わず)によって損害を被った場合に保証される「お買い物安心保険(年間100万円まで)」もあります。不正利用の被害にも、会員補償制度があるので安心です。

※dカード(GOLDを除く)による国内でのご購入品の場合、リボ払いまたは3回以上の分割払いの場合のみ対象。補償の対象外となる物もあります。

dカードとdカード GOLDの比較

ドコモのdカードには、シルバーの「dカード」とゴールドの「dカード GOLD」の2種類があります。この項目では、dカードとdカード GOLDの特徴を比較し、メリットがより大きいのはどちらか解説します。

比較項目dカードdカード GOLD
年会費永年無料11,000円(税込)
デザイン光沢のあるシルバー高級感のあるゴールド
基本還元率1%1%
付帯サービスケータイ補償(購入から1年間・最大1万円の補償)ケータイ補償(購入から3年間・最大10万円の補償)

dカード最大の魅力は、家族カードも含めて年会費がかからない点です。一方、dカード GOLDの年会費は11,000円(税込)かかります。コストを意識している方にとっては、dカードの年会費無料は大きなメリットになります。

また、dカードは「購入から1年間、最大1万円の補償」のケータイ補償があります。ケータイ補償は、盗難や水没などで携帯電話が壊れた際、最大1万円を買い替え代として補償するサービスです。

一方のdカード GOLDは「購入から3年間、最大10万円の補償」が付帯します。携帯電話はいつ紛失したり故障したりするかわかりません。急な出費が心配な方は、長期の安心が得られます。

dカードをお得に使えるのはどのようなケース?

dカードをお得に使えるのは、次の条件に合致する方です。

  • 年会費無料で還元率が高いカードを持ちたい方
    年会費無料でポイント還元率が高いカードを持ちたい方は、dカードが最適です。年会費無料のクレジットカードの場合、ポイント還元率は0.5%程度が一般的ですが、dカードは通常の還元率が1%と高めです。初期費用も不要で、ポイントを貯めやすいお得なカードといえます。
  • dカード GOLDに申し込めない学生の方
    dカード GOLDに申し込めない学生の方は、dカードの検討をおすすめします。29歳以下の場合、dカードを持っているだけで、国内外の旅行保険が利用可能です。保険が無料で付帯していると考えれば、dカードは賢い選択肢となります。

dカード以外のクレカの方がお得なケースはある?

dカード以外のクレジットカードがお得になるケースは、以下の条件に該当する方です。

  • dポイント以外のポイントを貯めたい方
    航空会社のマイルなど特定のポイントを貯めたい方は、dカードよりも、特定のポイントに特化したクレジットカードの利用がおすすめです。例えばマイルの場合は、ANAカードを使うと多くのポイントが受け取れます。
  • 通信会社がドコモでない方
    通信会社がドコモでない方は、ドコモユーザー向けのポイント還元や割引を受けられません。ソフトバンクユーザーならソフトバンクカードを利用するなど、契約している通信会社と提携しているクレジットカードを選んだ方がお得なケースもあります。

dカードの申込み方法

dカードは、ドコモショップの窓口で申込み、郵送での申込み、オンライン申込みの3つの方法がありますが、最も便利なのはオンライン申込みです。

ここでは、自宅から簡単に手続きができるオンライン申込みの大まかな流れを説明します。

  1. パソコンやスマートフォンから公式サイトにアクセスする
  2. 名前や住所などの必要事項を入力する
  3. 受付メールを受け取る
  4. 入会審査が行われ、結果をメールで受け取る
  5. 最短5日でクレジットカードが郵送で到着する

クレジットカードを受け取ったら、次の内容を確認しましょう。

  • クレジットカード番号、有効期限、名前を確認しカードの裏面にサインをする
  • dポイントを加盟店で使うため、dアカウントを発行する(申込み内容によって事前に作成している場合もある)
  • 電子マネーiDを設定する(任意)
  • dカードの専用サイトにログインする

dカード(シルバー)は日常使いにおすすめのクレジットカード

dカード(シルバー)は、基本還元率が1%と高く、日常生活でも使い勝手の良いカードです。dカードには、年会費が無料、dポイントの有効期限が長いなどのメリットがあります。

dカード GOLDは豊富な特典やサービスを求める方には合致しますが、コスト面を重視する方はdカードが適しています。金銭的な負担も不要でありながら、さまざまな特典が付くため、コストを意識している方にとってお得なクレジットカードといえます。

dカード(シルバー)か、dカード GOLDか、個々のライフスタイルに合わせて、適切なカードを選びましょう。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。