ドル本位制

ドル本位制は、一国の通貨価値を一定量のアメリカドルに固定し、そのドルが金と交換可能である金融体系のことです。この制度下では、国の通貨は固定されたレートでドルに換えられ、ドルは金と等価であるため、通貨の安定性が保たれます。しかし、1971年にアメリカが金とドルの交換を停止したことで、実質的にドル本位制は終了しました。現在は、ほとんどの国が変動為替レート制を採用しています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。