ドッド・フランク法

ドッド・フランク法は、2008年の金融危機後にアメリカで成立した法律です。金融市場の安定を目指し、銀行に厳しい規制を課し、リスク管理を強化しました。また、消費者保護を強めるための新しい機関を設立し、金融商品の透明性を高めることを目的としています。この法律により、金融機関はより厳しい監督の下で運営されるようになりました。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。