トービン税

トービン税は、国際的な短期資本移動(特に為替取引)に課税することで、市場の過度な投機を抑制し、通貨の急激な価値変動を防ぐことを目的とした税金です。この税は、1972年にノーベル経済学賞を受賞した経済学者ジェームズ・トービンによって提案されました。トービン税は、取引額に対して非常に低い税率(例えば0.1%)を設定することで、長期投資はほとんど影響を受けず、短期の投機的取引のコストを増加させることを狙います。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。