トリガー条項

トリガー条項は、証券契約において、特定の事象が発生した際に自動的に何らかの行動を起こすための条件を設けたものです。例えば、株価が一定の価格に達した時に自動で売買を行う注文(ストップ注文など)がこれにあたります。この条項は、リスク管理や利益確定、損失限定のために用いられます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。