ソルベンシーマージン比率

ソルベンシーマージン比率は、保険会社が将来の保険金支払いに備えて持つべき最低限の資本の余裕を示す指標です。この比率が高いほど、会社が財務的に健全で、予期せぬリスクに対しても安全に対応できることを意味します。法律で一定の基準が定められており、保険会社はこの比率を維持することが求められます。簡単に言えば、保険会社がどれだけ「余裕を持っているか」を数値で表したものです。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。