ソブリンシーリング

「ソブリンシーリング」とは、ある国の政府が発行する国債の信用格付けが、その国内の企業や金融機関が受ける最高の格付けの上限となるという考え方です。つまり、国自体の信用度がその国の企業の信用度の「天井」を決めるという意味です。国が経済的に不安定だと、たとえ国内企業が健全な経営をしていても、その国の信用度に引っ張られて低い格付けしか受けられないことがあります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。