ソフトランディング

「ソフトランディング」とは、経済が過熱しインフレが進んでいる状況から、中央銀行が金利を上げるなどして経済を冷やす政策を行い、経済成長を緩やかに減速させることです。この際、経済が急激に悪化したり、不況に陥ったりすることなく、穏やかに景気が落ち着くことを目指します。つまり、経済が「ハードランディング」(急激な景気後退)せずに、ゆるやかに安定することを指します。投資家にとっては、市場が安定し、大きな損失リスクが少ない状態を意味します。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。