その他剰余金

「その他剰余金」とは、企業の財務諸表において、利益剰余金以外の剰余金のことを指します。これには、資本準備金や資本調整金などが含まれ、企業が株式を発行した際のプレミアムや、再評価益などが計上されます。これらは直接的な利益ではなく、企業が将来の投資や事業拡大のために内部留保している資金の一部を表しており、配当には使われず、企業の財務基盤を強化する役割を持っています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。