備えあれば迷いなし

「備えあれば迷いなし」とは、証券投資において、事前にリスク管理や資金計画をしっかりと行っておけば、市場が不安定になったときでも迷わず冷静な判断ができるという意味です。つまり、投資をする前にリスクへの対策をしておくことで、将来起こりうる不測の事態にも動じず、計画通りの投資を続けることができるという証券用語です。これは、万が一の市場の変動に備えて、ポートフォリオの分散や適切な資金管理を心がけることの重要性を表しています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。