底を打つ

「底を打つ」とは、株価や市場が一定期間の下落の後、底値に達し、下げ止まったことを指します。この表現は、価格が下がり続けた後、大底に達する様子を、物理的に何かが底面にぶつかる様子に例えたものです。投資家は「底を打った」と判断することで、株を買うタイミングと見なすことがありますが、実際の底を予測するのは非常に難しいです。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。