底入れ

「底入れ」とは、株価が一定期間下落し、株価が下落を止めて底値をつけ、下げ止まった様子を指します。投資家は「底入れ」を見極めることで、株を安い価格で購入し、その後の上昇を期待して利益を得ようとします。ただし、実際に底入れが確認されたかは、後から振り返ってみないとわかりにくいことが多いです。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。