相対パフォーマンス

相対パフォーマンスとは、投資の成績を他の基準と比較して評価することです。例えば、ある投資ファンドの成績が市場全体の動きを示す指数(ベンチマーク)より良ければ、そのファンドは相対的に優れたパフォーマンスをしたと言えます。逆に、指数よりも悪ければ相対パフォーマンスは劣っていると考えられます。投資家はこの指標を使って、ファンドマネージャーのスキルや戦略の効果を評価します。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。