相続税

相続税とは、人が亡くなった際に、その人の財産(不動産、預金、株式など)を相続や遺贈によって受け取る人が支払う税金です。日本では一定額以上の財産に対して課税され、税率は相続する財産の価値に応じて変わります。相続税は、故人の財産を公平に分配し、富の過度な集中を防ぐ目的もあります。証券投資においては、相続税の計算に株式などの価値が含まれるため、相続計画において重要な要素となります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。