相続税の基礎控除

「相続税の基礎控除」とは、相続税を計算する際に、一定額を相続財産から差し引くことができる制度のことを指します。これにより、一定額以下の相続財産については相続税がかからないようになっています。現在の日本では、基礎控除額は3千万円+相続人1人あたり6百万円となっています。つまり、相続人が1人の場合、相続財産が3千6百万円以下であれば相続税はかからないことになります。この制度により、相続税の負担を軽減することが可能です。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。