相次相続控除

相次相続控除とは、短期間に相続が連続した場合に、税負担を軽減するための制度です。具体的には、先の相続から10年以内に再度相続が起こった場合、前の相続で支払った税額を考慮し、次の相続税から差し引くことができます。これにより、短期間で複数回の相続があった際の税金の重複を防ぎ、公平な税負担を目指しています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。