総資本回転率

総資本回転率は、企業がどれだけ効率的に資本を使って売上を上げているかを示す指標です。具体的には、売上高を総資本(自己資本借入金を合計したもの)で割った値が総資本回転率となります。この数値が高いほど、企業は少ない資本で多くの売上を上げていると言え、経営効率が高いと評価されます。逆に、この数値が低いと、多くの資本を使っても売上が伸びていないということで、経営効率が低いと評価されます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。