総合特区

「総合特区」とは、日本政府が特定の地域において規制緩和や税制優遇などの特別措置を提供する制度です。これにより、新しいビジネスの創出や地域活性化を促進することを目的としています。証券用語としてではなく、地域経済や産業政策の文脈で使われることが多いです。投資家や企業にとっては、これらの特区内での事業展開が魅力的になる可能性があります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。