総合課税

総合課税とは、個人が1年間に得たさまざまな所得(給与、事業、不動産、株式の配当など)を合算し、その合計額に応じた税率で所得税を計算する制度です。所得が多いほど高い税率が適用される累進課税が特徴です。この制度では、所得の種類ごとに税率が異なる「分離課税」とは対照的に、全ての所得を一つにまとめて税金を計算します。これにより、公平性を保ちつつ、個人の総所得に応じた適正な税額が求められます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。