選択権付債券売買

選択権付債券売買とは、債券に特定の権利(選択権)が付いている取引のことです。例えば、将来特定の株式を決められた価格で買う権利(コールオプション)や売る権利(プットオプション)が付いた債券があります。投資家は債券を購入することで、利息を得つつ、株式市場の動きに応じて追加の利益を狙うことができます。このような債券は、単なる定期的な利息収入だけでなく、株式の価格変動による利益も期待できるため、多様な投資戦略に利用されます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。