節分天井・彼岸底

「節分天井・彼岸底」とは、日本の株式市場における相場の格言です。年始の新春相場から節分(2月3日前後)に株価が高くなりやすい(天井)とされ、そこから徐々に下降して春分の日や秋分の日を中心とした彼岸の時期には株価が低くなりやすい(底)とされています。これは季節的な要因や心理的な影響によるものと考えられていますが、実際の市場では必ずしも当てはまらないため、投資の際にはあくまで参考の一つとして考慮するべきです。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。