成年後見制度

「成年後見制度」は、高齢や病気などで判断能力が低下した成年者の財産管理や生活支援を行う制度です。この制度に基づき、家庭裁判所が選任した後見人が、本人の意思に代わって契約を結んだり、財産を管理したりします。証券取引においても、後見人が本人に代わって取引を行うことがあります。ただし、後見人が行う取引は、本人の利益になるものでなければならず、その判断は家庭裁判所が監督します。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。