正規分布

正規分布は、証券市場で価格変動やリターンがどのように散らばっているかを表す統計的なモデルです。この分布は、ベル型の曲線で表され、平均値を中心に左右対称にデータが分布しています。多くの場合、株価のリターンは正規分布に従うと仮定されますが、実際には市場の異常な動きや大きな変動を捉えきれないこともあります。それでも、リスク管理やオプション価格の計算などにおいて、正規分布は基本的なツールとして広く使われています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。