スワップ

スワップとは、金融取引において、二者間で将来の一定期間にわたって、金利や通貨などの異なる金融資産を交換する契約のことです。例えば、通貨スワップでは、異なる通貨の金利差に基づいて、定期的に金利の支払いを交換します。これにより、リスク管理や資金調達の最適化を図ることができます。スワップ取引は、主に金融機関や大企業が利用しています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。