スローストキャスティクス

スローストキャスティクスは、株価の動きを分析するための指標の一つです。価格の変動範囲における現在の価格の位置をパーセンテージで示し、売られ過ぎや買われ過ぎを判断します。二本の線(%K線と%D線)を使い、これらが交差する点を売買のサインと見ることが多いです。スムーズで遅い動きをするため「スロー」と名付けられ、短期的な価格の勢いを捉えるのに役立ちます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。