スペキュレーション取引

スペキュレーション取引とは、株や通貨などの価格変動を予測して、短期間で利益を狙う投資行為です。投資家は価格が上がると見込んで買い、下がると予想して売ります。高いリスクを伴いますが、大きな利益も期待できるため、ギャンブル的な要素が強い取引と言えます。短期的な市場の動きを利用するため、長期投資とは異なり、タイミングが重要です。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。