スピンオフ

「スピンオフ」とは、大企業が自社内の一部門や子会社を独立させて、新しい会社を作ることです。この方法で、新会社は特定の事業に特化しやすくなり、経営の効率化や市場での競争力を高めることができます。株主にとっては、スピンオフされた新会社の株式が配布されることが多く、元の会社と新会社の両方の株を持つことになります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。