スティープ化

スティープ化とは、長期金利と短期金利の差が大きくなることを指します。具体的には、長期金利が上昇し、短期金利が低いままである状態を指します。この状態は、経済が好調であることを示しているとされ、投資家はリスクを取って投資を行う傾向があります。逆に、長期金利と短期金利の差が縮小する「フラット化」は、経済の先行きが不透明であることを示しています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。