スチュワードシップコード

スチュードシップコードとは、機関投資家が企業経営に積極的に関わり、企業価値の向上と持続的な成長を支援するための行動指針です。具体的には、株主として企業との対話を行ったり、適切な投資判断を下すための情報開示を求めたりすることが含まれます。このコードに従うことで、投資家はより責任ある投資を行い、長期的な視点で企業と社会の発展に貢献することが期待されます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。