推定相続人

「推定相続人」とは、ある人が亡くなったときに、法律に基づいて相続する権利を持つ人のことを指します。通常、配偶者、子ども、親などがこれにあたります。証券取引では、株式などの資産を相続する際に、誰が相続人であるかを特定する必要があります。推定相続人は、その人が生前に指名していない限り、法定の順番と割合に従って相続します。したがって、証券会社は相続手続きにおいて、推定相続人を確認し、適切な資産の移転を行います。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。