推定相続人の廃除

「推定相続人の廃除」とは、ある人が亡くなったときに、法律で定められた順番で相続人になるはずの人が、何らかの理由で相続権を失うことを指します。例えば、相続人が故意にその人を死亡させた場合など、法律によって相続権を剥奪されることがあります。このようにして相続権を失った人は、まるで最初から相続人ではなかったかのように扱われ、遺産を受け取ることができなくなります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。