スイッチング

スイッチングとは、投資家が保有する証券(特に投資信託)を売却し、その資金で別の証券を購入することです。この行為は、市場の状況や投資戦略の変更、より良い投資機会を求めて行われます。例えば、投資家が成長が鈍化したと感じる株式型の投資信託を売り、代わりに将来性を感じる別の株式型や債券型の投資信託を買うことがスイッチングです。ただし、取引には手数料がかかるため、そのコストも考慮する必要があります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。