人生100年時代

「人生100年時代」とは、平均寿命が伸び、人々が100歳まで生きることが一般的になる時代を指します。証券用語としては、この長寿化に伴い、長期にわたる資産運用や退職後の資金計画が重要になることを意味します。投資家は、老後も安定した収入を確保するために、若いうちから積極的に資産形成を行い、リスク管理をしながら資産を増やす戦略が求められます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。