自律反発狙いの買い

「自律反発狙いの買い」とは、株価が一時的に大きく下がった後、その下落が過度であると判断し、株価が自然と回復する(自律反発する)ことを期待して行う買い注文のことです。投資家は、株価が下がり過ぎて割安になっていると考え、そこからの反発を見込んで株を買います。この戦略は短期的な利益を狙うもので、市場の心理やテクニカルな動きに注目した取引です。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。