上場廃止

「上場廃止」とは、株式や証券が公式の株式市場(証券取引所)で取引されなくなることです。企業が経営破綻する、買収される、または取引所のルールに違反したなどの理由で、その企業の株は市場から取り除かれます。上場廃止になると、投資家はその株を証券取引所で売買できなくなり、流動性が大幅に低下し、株の価値が下がる可能性があります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。