自由金利

自由金利とは、政府や中央銀行による規制がなく、市場の供給と需要によって決まる金利のことです。銀行が貸し出しや預金に設定する金利も、自由金利の原則に基づいて市場状況に応じて変動します。つまり、自由金利は金融市場の自然な力によって自由に決まる金利で、経済の状態や金融政策の影響を受けて変わります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。