準通貨

準通貨とは、定期貯金や定期積立など、比較的簡単に現金に変えられる資産のことです。これらは直接支払いに使うことは少ないですが、必要な時にはすぐに現金化できるため、通貨に近い役割を果たします。金融政策を考える際に、これらの資産も経済活動に影響を与えるため、準通貨の量を考慮に入れることがあります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。