準確定申告

準確定申告は、亡くなった人が生前に行うはずだった確定申告の代わりに、遺族が行う申告のことです。亡くなった年の1月1日から死亡日までの所得について、遺族が税務署に申告し、必要な税金を納める手続きです。この申告は、死亡した日の翌日から4ヶ月以内に行う必要があります。準確定申告を通じて、故人の最後の税務処理が行われます。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。