準大手証券

「準大手証券」とは、日本の証券業界において、最大手の「大手証券」と地域密着型の「中小証券」の中間に位置する証券会社のことです。大手証券に比べると規模は小さいものの、全国的なネットワークや多様な金融サービスを提供しており、中小証券よりも資本力や取引量が大きいのが特徴です。準大手証券は、個人投資家から企業の大型案件まで幅広く対応し、業界内で重要な役割を担っています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。