受託銀行

受託銀行は、投資信託などの資産を管理・保管する銀行のことです。投資家から集めたお金を、専門の運用会社が株や債券に投資しますが、その資産を実際に保管し、運用の正確性を監視する役割を受託銀行が担います。また、投資家への分配金の支払いや、投資信託の売買に関わる記録も管理します。投資家の資産を守るため、運用会社とは独立して機能する重要な役割を果たしています。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。