コール市場

コール市場は、銀行間で短期の資金を貸し借りする市場です。主に1日から1週間程度の超短期の融資が行われ、金利は日々変動します。この市場での貸し借りを「コール取引」といい、金融機関が一時的な資金不足を補ったり、余剰資金を有効活用するために利用します。コール市場の金利は、中央銀行の金融政策に影響を受け、経済全体の金利水準にも影響を与える重要な指標となります。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。