コンティンジェント・キャピタル

「コンティンジェント・キャピタル」は、金融機関が経営危機に陥った時に、そのリスクを分散させるための資本のことを指します。具体的には、金融機関が一定の資本比率を下回った場合などに、債権が株式に変換されるなどして、追加の資本を確保する仕組みのことを言います。これにより、金融機関の経営危機が深刻化する前に、自己資本を増やすことができ、経営の安定化に寄与します。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。