混蔵保管

混蔵保管とは、多くの投資家から預かった株券や債券などの有価証券を、個々の所有者ごとに区別せずに一緒に保管する方法です。証券会社が顧客の証券をまとめて保管することで、効率的に管理ができます。ただし、実際の証券は混ざっていても、会社の帳簿上では誰のものかはきちんと記録されているため、所有権には影響しません。

※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。